人は自然の一部である
News
「伝統と技に学ぶ」勉強会 その九
数寄屋照明編   
 平成5年より活動してまいりました「社の極」は昨年末、任意団体よりNPO法人化させていただき更なる活動発信を行う為、新たな事業「伝統と技に学ぶ」勉強会を創設致しました。

 現代日本では、伝統文化をなりわいとした産業は衰退の一途を辿っております。私達は先人達が伝えてきた伝統や技を後世に紡いでいく義務があるのではないでしょうか。
 本勉強会は、古来より日本に伝わる各種産業の専門家や技術者(匠)をお招きし、お話を伺い勉強することで今後の建築、インテリア分野への新たな風
「温故知新」に繋げていきたいと考えております。

<今後の勉強会予定業種>
○大工 ○左官 ●瓦葺き ○萱葺き
○建具 ●竹材 ●木材(製材)
○石灰 ○和紙 ○唐紙  ○織物 
○畳   ○漆   ○炭  ○数奇屋照明
特定非営利活動法人
「社の極」事務局

〒530-0035
大阪市北区同心1-7-13-303
tel(06)4800-2720
email: info@yashironokiwami.com

■社の極の今までのイベントニュースを
ご覧になれます。 ↓ クリックどうぞ!


第1回勉強会 報道記事

「伝統と技に学ぶ」勉強会-9  数寄屋照明編


レトロな数寄屋照明を京の町屋で学ぶ


 
 「昔、灯りの下には家族の笑顔があり、家族の思い出を育んでいました。」
 明治・大正・昭和初期といった時代の照明は、すべて職人さんの手作りで・・・
 切子の技術を施したもの、石油ランプを作る職人の手によるもの、家紋などに合わせて、 様々な植物や動物の模様を施したものなど、秀逸のものが作られていました。
 特に、菊や梅、竹、葡萄、スズメなどの自然をモチーフにしたものが多く、私たちをノスタルジックな世界へといざなってくれます。
 この度は、京都において明治・大正・昭和初期の時代の数寄屋照明を取り扱うあかりのスペシャリストであるタチバナ商会の佐藤氏を講師に迎え、照明について知識や興味深いお話を座談会形式で伺い、今後の建築・インテリア分野を考える上で役立てていただきたいと存じます。


日   時: 平成27年11月29日(土)  受 付  12:00〜
            座談会形式の勉強会  12:30〜14:30
        
会   場: ”タチバナ商会” 
        京都市左京区岡崎南御所町22−11
        地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩5分
        京都駅、四条河原町、三条京阪駅より「5」「100」番市バス
        「動物園前」下車すぐ

講    師: タチバナ商会株式会社 代表取締役  佐藤 成正氏
         創業約100年。電気材料卸業として創業。
         後、数寄屋照明専門販売となる。
         現在、大正15年建築の町屋を改装した店舗にて営業。
         明治、大正、昭和初期の照明が千種類以上揃っており
         電気部品はすべて現代のものに交換している。

参 加 費 : \1000.- (社の極会員¥500)

定    員: 先着20名 (要予約)

募集方法: 「伝統と技に学ぶ−9」と明記し、氏名、職業、参加人数、
        連絡先(tel,fax等)を記入の上、11月20日迄にFax又はEmailにて
        お申込み下さい。 
        FAX:06-4800-2712   Email: info@yashironokiwami.com

主   催: 特定非営利活動法人「社の極」

     ※ 若干、変更の可能性もありますのでご了承下さい。




designed by 社の極/大阪市北区同心1丁目7-13-303 TEL:06-4800-2720

Copyright © YASHIRONOKIWAMI all rights reserved.