人は自然の一部である
News Report
「伝統と技に学ぶ」勉強会 その七
庭屋一如 (ていおくいちにょ)
 平成5年より活動してまいりました「社の極」は昨年末、任意団体よりNPO法人化させていただき更なる活動発信を行う為、新たな事業「伝統と技に学ぶ」勉強会を創設致しました。

 現代日本では、伝統文化をなりわいとした産業は衰退の一途を辿っております。私達は先人達が伝えてきた伝統や技を後世に紡いでいく義務があるのではないでしょうか。
 本勉強会は、古来より日本に伝わる各種産業の専門家や技術者(匠)をお招きし、お話を伺い勉強することで今後の建築、インテリア分野への新たな風
「温故知新」に繋げていきたいと考えております。

 年1〜2回程度の開催を予定いたしており、今後参加者の方々のご要望も取り入れ発展させてまいる所存です。現在下記のような分野を想定しておりますので、ご賛同ご支援いただけますようお願い申し上げます


<今後の勉強会予定業種>
○大工 ○左官 ●瓦葺き ○萱葺き
○建具 ●竹工芸 ●木材(製材)
○石灰 ○和紙 ○唐紙  ○織物 
○畳   ○漆   ○炭  ○数奇屋照明

●表具 ●京指物 ●陶磁器 ●和風庭園

※ ●印は終了しました。
特定非営利活動法人
「社の極」事務局

〒530-0035
大阪市北区同心1-7-13-303
tel(06)4800-2720
email: info@yashironokiwami.com

■社の極の今までのイベントニュースを
ご覧になれます。 ↓ クリックどうぞ!


「伝統と技に学ぶ」勉強会 掲載記事
伝統と技に学ぶ 陶磁器編 2008年8月
陶磁器編
「伝統と技に学ぶ」勉強会報道記事 和瓦編 2009年4月
和瓦編
「伝統と技に学ぶ」勉強会活動紹介 2009年8月
活動紹介
伝統と技に学ぶ 京指物編 2009年9月
京指物編

「伝統と技に学ぶ」勉強会−6 竹工芸編
竹工芸の世界を学ぶ
ていおくいちにょ
 
 古来より日本では、庭に自然を取り込むように造られ、四季折々の変化を居ながらにして楽しんできました。
 庭を創り、暮らしの中に光や風、植物を取り入れることで、より快適な空間がつくられてきたのです。
 現代においても、それぞれの建築に合う表情の樹木や草花、置石を選び、光、風、生物といった自然界のあらゆるものの調和がとれて一体になり(庭屋一如)、その場所にしかないような風景が生みだされています。

 今般、温故創新をめざす「社の極・伝統と技に学ぶ」では、これらを実践されている京都の造園家・井上剛宏氏をお迎えして、その考え方や手法を秘蔵写真と共に学びました。

                   
                     記


日   時: 平成25年5月18日(土)
        受    付  13:30〜
        レクチャー  14:00〜16:00
        庭園 鑑賞  16:00〜
        懇 親 会  17:30〜 (費用別途)

会   場: ”緑の館”   (京都水族館 横)
        京都市下京区観喜寺町56−3  梅小路公園内
        tel (075)352−2500

講    師: 株式会社植芳造園 代表取締役  井上剛宏
        ( 東京農業大学・客員教授、(社)日本造園学会・評議員、
          京都府造園協同組合・理事長 他)

参 加 費 : \1000.- 

参加人数 : 64名 (定員50名) 
            
 
 当日は、京都水族館横にある緑の館にて開催。 ここの庭園も、創立当初に手掛けられたとか・・・(勉強会終了後に見学を行いました。)

 講師である造園家・井上剛宏氏は、数多くの著名な庭園を手掛けられており、庭を造り暮らしの中に光や風、植物や置石を取り込むことで、より快適な空間を作るという『庭屋一如』の考え方や手法を秘蔵写真と共に学ばせていただきました。

 定員50名にも関わらず、飛び入り参加者2名もあるなどで、立ち見も出るほどの盛況ぶりで・・・最終参加人数は64名となりました。

 レクチャーの後、懇親会を開催・・・参加人数も32名。和気藹々とした雰囲気の中、行わせていただきました。

 ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。
 また、次回の「伝統と技に学ぶ」勉強会ー8 をお楽しみに。。。
photos
造園家・井上剛宏氏
秘蔵写真を見せていただきました。

この後ろには、立ち見の人々が・・・

わかりやすくイラストや写真を交えながらのレクチャー。
懇親会での挨拶。 参加者の皆様・・・

 




designed by 社の極/大阪市北区同心1丁目7-13-303 TEL:06-4800-2720

Copyright © YASHIRONOKIWAMI all rights reserved.