人は自然の一部である
News Report
”伝統と技に学ぶ”勉強会 その壱
  
建築・インテリアに陶磁器を生かす!
 平成5年より活動してまいりました「社の極」は昨年末、任意団体よりNPO法人化させていただき更なる活動発信を行う為、新たな事業「伝統と技に学ぶ」勉強会を創設致しました。

 現代日本では、伝統文化をなりわいとした産業は衰退の一途を辿っております。私達は先人達が伝えてきた伝統や技を後世に紡いでいく義務があるのではないでしょうか。
 本勉強会は、古来より日本に伝わる各種産業の専門家や技術者(匠)をお招きし、お話を伺い勉強することで今後の建築、インテリア分野への新たな風
「温故知新」に繋げていきたいと考えております。

 当初は、年4回程度の開催を予定いたしており、今後参加者の方々のご要望も取り入れ発展させてまいる所存です。現在下記のような分野を想定しておりますので、ご賛同ご支援いただけますようお願い申し上げます。


<今後の勉強会予定業種>
○大工 ○左官 ○瓦葺き ○萱葺き
○建具 ○表具 ○竹材 ○木材(製材)
○石灰 ○和紙 ○唐紙  ○織物 
○畳   ○漆   ○炭  ○数奇屋照明

特定非営利活動法人
「社の極」事務局

〒530-0035
大阪市北区同心1-7-13-303
tel(06)4800-2720
email: info@yashironokiwami.com

↑ 香川県金毘羅宮内カフェ神椿の壁面陶板
イベントレポート

建築・インテリアに    陶磁器を生かす!



   
■日時: 平成20年7月30日(水曜日) 18:30〜20:00

■場所: 大阪産業創造館 6F会議室A 
      地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 徒歩5分

■会費: \1,000.- (学生 \500.-)

■パネラー: 大阪府陶磁器商業協同組合 副理事長 野村正美
        インテリアコーディネーター協会関西 会長 新治照美
 コーディネーター: NPO法人「社の極」理事長 中原賢二

■主催:特定非営利活動法人(NPO)「社の極」 

<レポート>

 NPO法人化された「社の極」の新しい事業”伝統と技に学ぶ”勉強会の第一回目として「建築・インテリアに陶磁器を生かす」勉強会が開催されました。

 今回は、講演会ではなく陶磁器を取り扱うプロである大阪府陶磁器商業協同組合/副理事長の野村正美氏とICA関西会長の新治照美氏をお招きし、トークセッションという形でとり行われました。
 陶磁器の歴史を古墳時代から紐解き、陶器と磁器の違い、産地による焼き物の違い、写真を交えながら建築やインテリアに生かした例を上げつつ、陶磁器業界からの提案や建築インテリア業界からの提案を始めとするこれからの取り組みについて活発なトークセッションが繰り広げられました。

 以下勉強会後のアンケートによると・・・
  ○焼き物の魅力は使って変化していくことであり、古くなってもそこに
   新しい美を見出していきたい。 そういう建材についてもっと学びたい。
  ○予想していたより深く広い範囲の内容でした。
  ○陶磁器の新しい発見があり、良かったです。
  ○このような勉強会を一般の人々にも伝わる形にしてもっと行って欲しい。

 また、陶磁器について詳しかった方にとっては・・・
  ○もっとプロ使用の専門的な内容を希望します。

等など、様々なご意見ご感想があったようです。
 
 これからも様々な伝統分野のプロフェッショナルの方々をお招きしてお話を伺い、今後の建築・インテリア分野への新しい風
「温故知新」に繋げるべく”伝統と技に学ぶ”勉強会を開催していく予定です。

 次回の勉強会は10月です。

陶磁器の古墳時代から現代までの歴史についての興味深い説明。 陶板タイル、フレスコ画の写真例を見ながらトークセッション。

インテリア分野から陶磁器への取り組みを述べるICA関西会長の新治照美氏。(中央) 写真を見ながら、これからの陶磁器を生かす取り組みに関して活発な意見交換が行われた。

産地による焼き物の違いを実物を交えて説明する大阪府陶磁器商業協同組合/副理事長の野村正美氏 建築分野から壁面緑化の外壁陶板について説明をするNPO法人社の極理事長の中原賢二。(設計処草庵代表)

「伝統と技に学ぶ」勉強会が新聞報道されました。詳細は下記クリックどうぞ!
2008、8、28
大阪日日新聞



designed by 社の極/大阪市北区同心1丁目7-13-303 TEL:06-4800-2720

Copyright © YASHIRONOKIWAMI all rights reserved.