人は自然の一部である
News Report
2010 LIVING&DESIGN展
Yashiro Art Collection として出品
 社の極では・・・

 平成5年より、日本の伝統的建築文化(建築技術・伝統工芸)を現代と融合した形にリメイク・リニューアルする研究開発および発信を行っております。 

 現代日本では伝統文化をなりわいとした産業は衰退の一途を辿っております。
 先人達が伝えてきた伝統や技を、後世に紡いでいくことも義務であると考え、多種多様な伝統的職方の技のコラボレーション作品を発表・紹介して参ります。





 
特定非営利活動法人
「社の極」事務局

〒530-0035
大阪市北区同心1-7-13-303
tel(06)4800-2720
email: info@yashironokiwami.com

■社の極の今までのイベントニュースを
ご覧になれます。 ↓ クリックどうぞ!


LIVING&DESIGN 2010
の記事が掲載されました。
2010,10,28 繊研新聞
関連記事
2009,08,02
大阪日日新聞
イベントレポート
住宅版新免震工法「エアー断震」勉強会
住宅版新免震工法「エアー断震」勉強会
 住空間を軸に今までにないビジネスの新しい可能性が広がる国際見本市
『LIVING&DESIGN』 に 多種多様な伝統的職方の技のコラボレーション作品を Yashiro Art Collection として出品しました。
                      
開催日時 : 平成22年9月29日(水)〜10月2日(土) 

開催場所 : 大阪市 国際見本市会場・インテックス大阪  

主   催 : 社団法人大阪国際見本市委員会


 世界的インテリアデザイナーである喜多俊之氏のプロデュ−スの元、ミラノサローネに匹敵する国際見本市を大阪にという呼びかけで、昨年初めて開催され、第二回目である今年、私共も YASHIRO ART COLLECTION ということで参加致しました。

 2日目のみ残念ながら雨天でしたが、まずまずお天気にも恵まれ、来場者数も昨年をしのぎ、にぎやかな開催となりました。

 平日はデザインや設計関連のプロフェッショナルの方々が、最終日は土曜日ということもあり学生や一般の方々にご観覧いただきました。

 様々な方々との出会い、そしてその中から新しい方向性も見えてきたように思われます。これからも Collection を増やし、海外にも目を向け、市場の開拓など前向きに進展させていきたいと思っております。

 これからもご支援よろしくお願い致します。 

展示風景
オリジナルアートパネル「匠」
9枚組、4枚組、1枚組・・・これらを自在に組み合わせて展示しました。
圧倒的な美しさに思わず立ち止まってしばらく見つめておられる方々も多くおられました。

高さ7m程の大きな掛け軸「JI−KU」は、スクリーンの役割をします。パネルを自在に組み合わせる様を映し出していきます。 ピアノをモチーフに創作された象嵌職人の手による創作ドア「明日への扉」も皆様の注目の的です。
手前は京友禅アート屏風
「BYO-BU」



商品詳細
オリジナルアートパネル「匠」
日本各地に伝わる伝統工芸師の技を脱着可能可能な額縁にして、壁面を装飾するインテリアアートパネル。
オリジナルアートパネル「匠」
「織」「染」「塗」「編」「漉」「焼」に分け、各産地と提携して商品化。

創作ドア
京都在住のデザイナーが楽器・四季・ファンタジーなどをテーマにデザイン、漆・螺鈿・蒔絵などの日本の伝統工芸師の最高技術と LED等の最新素材で仕上げた。
京友禅アート屏風
京友禅染めの作品サンプルとして保存されていた反物を新しいスタイルの屏風として蘇らせました。右手の着物イラストには柄行きが表現されており、それ自体世にでることはなく非常に珍しい。
 




designed by 社の極/大阪市北区同心1丁目7-13-303 TEL:06-4800-2720

Copyright © YASHIRONOKIWAMI all rights reserved.